求める人材

共に働いてくれる皆様へメッセージ

明るく元気でそして高齢者が大好きな人を募集します

副理事長 宮野孝子 社会福祉法人駒どりは1985年に「住みなれた街の中に特養ホームを作ろう」を合言葉に地域の住民運動から出発しました。

2004年4月に長田区に全室個室のユニットケアの特別養護老人ホームふたばがオープンし、「もうひとつの家・もうひとつの家族」の理念で、大学・短大・専門学校卒業の若い職員と、家庭ならどんな介護ができるのかな?家族ならこんな介護をしてほしいんだろうな。などと話し合いを繰り返し、理念の実践を行い、自立を支えるケアの実践、認知症介護や看取り介護にも取り組みました。
設立から10年が過ぎ、当時の新入職員は現在、介護課長や生活相談員、又はケアマネージャーや地域包括の社会福祉士として、法人内で元気に高齢者に関わる仕事をしています

当法人では施設介護だけではなく、在宅を支える多くの事業、デイサービス・訪問介護・居宅支援事業・小規模多機能居宅支援・定期巡回随時対応訪問介護看護の事業で24時間、ご利用者様の在宅生活を支えています。

介護が初めての方には、法人が主催する「介護職員初任者講習」を受講していただきます。 又新入職員には教育システムとして1年間先輩職員が日常業務を一緒にプリセプターとしてフォローします。
また、キャリアパスに基づき研修やスキルアップを行っています。 法人内では、職員の教育プランに基づいて、教育研修委員会が研修を実施しており、職員も集合教育や外部研修などへ積極的に参加しています。 法人内で14回続いている事例研究発表では、事例のまとめから発表まで学習を行い、発表者や助言者や参加者全員で論議し深めることを行っています。 これまで介護している方も、新しい施設で一緒に「そのひとらしさを支える介護」を、『明るさいっぱい』『元気いっぱい』のみなさんと夢をカタチにしましょう。待っています。

社会福祉法人 駒どり 副理事長 宮野孝子